2020.2.20

鉢植以外も楽しめる!胡蝶蘭の切り花やアレンジを長持ちさせる方法

カテゴリー:アレンジ、切り花、胡蝶蘭、長持ちさせる方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青い胡蝶蘭の切り花

アレンジメントや花束、生け花、スタンド花など、胡蝶蘭は鉢植え以外にもお祝いや感謝の気持ちを伝えるシーンを盛り上げる花として、幅広く利用されています。

今回は、贈答用胡蝶蘭の鉢植えや花束、フラワーアレンジメントも扱う私たち「アロンアロン」が、胡蝶蘭の切り花を長持ちさせる方法を解説。

胡蝶蘭の切り花、また生花を使ったアレンジメントを長持ちさせるための基本的な管理方法や寿命を、少しでも長く切り花を楽しむためにできる対策と一緒にご紹介します。


贈る人の想いが詰まった胡蝶蘭の花は、できるだけ長く楽しみたいもの。

あなたの大切な胡蝶蘭を切り花として長生きさせてあげるために、ぜひ本記事をお役立てください。

目次

アレンジや切り花の胡蝶蘭、長持ちさせるための基礎知識

きれいなピンクの胡蝶蘭

まずは、アレンジや花束としていただいた胡蝶蘭の切り花の基本的な管理方法を、平均的な寿命などの情報と一緒に確認していきましょう。

平均的な寿命は、他の花より長い2~3週間!


一般的に、切り花の寿命は短いと1週間、長いと2週間程度と言われています。

《季節別、切り花の平均寿命》
春・秋 7~10日
7日以内
10~14日


しかし、着生(ちゃくせい)植物でもともと少ない水と栄養で生きられる性質を持つ胡蝶蘭は、切り花になっても他の花より長く生きられます。

適切に管理すれば、2~3週間は美しい状態のまま切り花として楽しめるでしょう。

いつ、どこから日本にきたの?知っておきたい【胡蝶蘭の歴史】

暑い場所、乾燥した空気に弱いので置き場所に注意!


赤道付近の熱帯地域を原産地とする胡蝶蘭は、極端な暑さや乾燥が苦手です。これは鉢植えであっても、切り花の状態になっても変わりありません。

このため、胡蝶蘭の切り花を使ったアレンジメントや生け花、花束を花瓶に挿して保管するときは、適した環境を選んで設置してあげる必要があります。

室内で以下の条件を満たす場所を探して、設置してくださいね。

《切り花の胡蝶蘭の保管に適した場所の条件》
・日中、窓やカーテン越しの日光があたる温かい場所
・通気性が良く、かつ、エアコンなどの乾燥した風が当たらない場所



きれいな状態で楽しみたいなら、花の摩擦にも要注意!


胡蝶蘭の花の部分は摩擦に弱く、ちょっとした傷からすぐ変色してしまいます。

きれいな状態で長く胡蝶蘭の切り花を楽しみたいなら、他の花や周囲のカーテン、家具などに花が触れてしまわないよう気を付けましょう。

花芽・根・花の部位別に解説!胡蝶蘭の病気の症状と対処法とは?

アレンジなど、切り花の胡蝶蘭を長持ちさせる方法

胡蝶蘭の切り花 水替えイメージ

前項で紹介した基礎知識を踏まえ、アレンジメントや花瓶に挿した切り花を長持ちさせる方法を挙げるなら「適した環境下で保管し、毎日水を替えてあげること」です。

暑い季節を中心に、花瓶やアレンジメントのベース部分に含まれる水の中では雑菌が繁殖します。

そして切り花は、茎の切り口に露出した導管(どうかん)という管から、花瓶やアレンジメントのベース部分にある水を吸い上げて生きています。

常に雑菌の繁殖した水に切り口が接していると、そこから茎・切り花全体が腐ってきてしまうのです。

胡蝶蘭の切り花が常にきれいな水を吸収できるよう、たとえ雑菌が繁殖しにくい冬でも、花瓶の水は毎日替えてあげるよう心がけてくださいね。

水の交換と一緒に、毎日行いたいのが「水揚げ」


胡蝶蘭の切り花 水揚げのイメージ

切り花が茎から水を吸い上げやすくするようできることとして、水揚げがあります。

その最も簡単な方法が、茎を水の中に入れた状態で茎を切る「水切り」です。

水中で斜めに茎を切ることで、導管への空気の侵入を防ぐとともにスムーズに水を吸い上げ、かつ、水を吸い上げるための面積を広く確保できるようになります。

毎日この方法で毎日1㎝ずつ水切りと水替えを一緒に行い、胡蝶蘭の切り花が水を吸い上げる手助けをしてあげましょう。

必ず、切れ味の良いハサミを用意して!
水切りの際、切れ味のよくないハサミで茎をカットすると断面・導管がつぶれ、きちんと水を吸い上げることができなくなります。

園芸用のハサミはホームセンター等で売っていますから、必ず切れ味の良いものを用意してくださいね。

切り花・アレンジ・花束のタイプ別!胡蝶蘭の楽しみ方と特徴とは?

薬剤を使い、花持ちを良くする方法もある


切り花 延命剤イメージ

近年では水揚げ以外にも、胡蝶蘭の切り花に与える水に硝酸銀などの抗菌剤、ブドウ糖やショ糖などの栄養分を含む薬剤を混ぜ、切り花の延命をする方法もあります。

花瓶の水に混ぜる薬液や、水のなかに落とすだけのシートタイプなどさまざまな形態があるので、ホームセンターや花屋さんに問い合わせてみましょう。

薬剤を使うときは、花器の材質に注意!
水に混ぜて使う切り花の薬剤には、真鍮や銅を変色・変質させる銀の成分が含まれていることも多いです。

使用するなら、花器の材質を確認してからにしてくださいね。

基本から水耕栽培まで!知っておきたい水と胡蝶蘭の関係とは?
胡蝶蘭を育てるなら知っておくべき肥料の与え方と、おすすめ10選

胡蝶蘭の切り花を長持ちさせる、水揚げ方法2つ

最後に、水切りに比べ少し手間がかかるものの、有効な水揚げの方法を2つご紹介します。

毎日は難しくとも、切り花の様子を見ながら、時々はやってあげてくださいね。

【水揚げ方法1】湯上げ(ゆあげ)


《1》熱湯を用意し、耐熱容器に2㎝くらいの深さになるよう溜める
《2》花に湯気や熱が当たらないよう角度を調整しながら、切り口を1㎝ほど切った胡蝶蘭の切り花の茎部分を5~10分つけておく
※このとき、熱が心配なら花部分をあらかじめ新聞紙で包んでおきましょう※
《3》冷たい水に移し、切り口を半日~まる1日挿しておく



【水揚げ方法2】燃焼法


《1》まず水切りをして、茎以外の花の部分を新聞紙でやさしく包んでおく
《2》花に熱が当たらないよう注意しながら、切り口から2㎝ほど比で炙る
《3》焼いたところが黒く炭のようになったら、冷たい水に移して数時間置く
《4》数時間後、隅になった部分を斜めに切ってきれいな水の中に戻す



プロが解説!胡蝶蘭の《育て方・寿命・病気・増やし方》とは?



いかがでしたか?
胡蝶蘭は切り花の状態でも、上手に管理すれば1か月近く美しい見た目を楽しめます。

この記事から適切な管理方法を学び、毎日の水替え・水揚げを実践して、胡蝶蘭のアレンジや切り花を長持ちさせてくださいね。

胡蝶蘭を通販で買うなら、アロンアロンで!

「アロンアロン」は、知的ハンディキャップを持つ方が丹精こめて栽培した胡蝶蘭をはじめ、花束観葉植物をネット上で販売しています。

各種お祝い、お悔やみに花束・胡蝶蘭の購入をお考えなら、【全国送料無料&最短当日発送可能】なアロンアロンをぜひご検討ください。

  • 胡蝶蘭(スタンダードタイプ)3本立 赤リップスタンダードタイプ 3本立 赤リップ ¥20,000
  • 胡蝶蘭(ハイグレードタイプ)3本立 ホワイトハイグレードタイプ 3本立 ホワイト ¥30,000
  • 胡蝶蘭(ハイグレードタイプ)5本立 ホワイトハイグレードタイプ 5本立 ホワイト ¥50,000