2016.10.26

《実践編》誰でもできる!プロが教える胡蝶蘭の植え替えのコツ

カテゴリー:植え替え、胡蝶蘭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植え替える女性 イメージ

胡蝶蘭の株や植え込み材が傷んだときの有効な対処法として、新しい鉢に移して環境を変える「植え替え」があります。

今回は、植え替えをする理由や必要な道具についてご紹介した前回の【準備編】に続き、胡蝶蘭の栽培と販売を行っている私たち「アロンアロン」が解説する胡蝶蘭の植え替えの【実践編】です。

植え替えに最適なタイミングや具体的な手順、そして植え替え後のケア方法に至るまで、初心者の方でも挑戦できるよう分かりやすく紹介しています。

この記事を読みながら、一緒に胡蝶蘭の植え替えに挑戦してみてくださいね!

目次

胡蝶蘭の植え替えのベストタイミングは「春」

カラフルな胡蝶蘭

植え替えをするのに最も適した季節は、胡蝶蘭の成長開始時期にあたる「春(4~6月)」です。

「胡蝶蘭の本数を2本立ちや3本立ちに増やす」ための植え替えなら、この時期を選んで植え替えをしてください。

ただし、胡蝶蘭に以下のような病気の症状があったり、株が弱っていると感じる場合は、季節にかかわらず早めに植え替えをする必要があります。

あなたの胡蝶蘭の状態を確認して、タイミングを決めてくださいね。

《すぐに植え替えが必要な胡蝶蘭の病気の兆候》
●葉にシワ、変色、斑点などの異常が出ている
●株全体がしおれていて元気がない
●植え込み材が傷み、根本がカビ臭い など


胡蝶蘭の植え替えに挑戦!

植え替えに必要なもの イメージ

ここまでは、胡蝶蘭の植え替えの「理由」「準備」「タイミング」について紹介してきましたが、次はいよいよ具体的な植え替えの手順を紹介していきます。

簡単なので、初心者の方も以下の手順にしたがって挑戦してみてくださいね。

【1】まずは道具を確認!


まずは、植え替えに必要な道具がきちんとそろっているか確認しましょう。
【準備編】で紹介した植え替えに必要な道具は以下の3つです。

◆園芸用の「はさみ」
◆通気性の良い「素焼き鉢」
◆植え込み材として「水苔」

【2】株を鉢から取り出す


道具をそろえたら、作業に取り掛かります。

はじめに、株を鉢から取り出しましょう。

このとき、無理に引っ張るのではなく、株を傷つけないよう注意しながらゆっくりと取り出してください。

根が鉢いっぱいに張っていて取り出しにくい場合は、鉢植えの下から水を吸わせておくと取り出しやすくなります。

【3】古い植え込み材を取り除き、傷んだ根を切り落とす


胡蝶蘭の根の手入れ

株を取り出したら、根を傷つけないように注意しながら、古い植え込み材をすべて取り除き、根の状態をチェックします。

以下の表を参考にしながら、傷んだ根をハサミで切り落とし、健康できれいな根だけを残してください。

健康な根の特徴 【色】  … クリーム色かうすい緑色
【感触】 … 指で挟むとしっかりとした感触がある
傷んだ根の特徴 【色】  … 黒っぽく変色している
【感触】 … 指で挟むとスカスカ、ブヨブヨとした感触で崩れる

【4】水苔を根に巻き付けて、新しい鉢に移す


根の手入れが終わったら、新しい水苔で根を優しく包み、新しい鉢に移します。

水苔は、鉢にぎゅっと入れ込むくらい多めに巻き付けておきましょう。

《とにかく優しく扱って!》
誤って根を傷つけてしまうと、かえって胡蝶蘭が弱る原因になります。
植え替えをするときは、とにかく胡蝶蘭の株・根を「優しく丁寧に」扱うことを心がけてください!


植え替え後の胡蝶蘭を育てるための【3つのポイント】

3つのポイント イメージ

最後に、植え替え後の胡蝶蘭をうまく育てるためのポイントを3つご紹介します。

植え替え後に間違ったケアをして枯らしてしまうことのないように、以下の3つをよく読み、守るようにしてくださいね。

2週間は水やりなし!

植え替え後2週間くらいは根本への水やりを控え、葉の表面に霧吹きする程度にしてください。

水やりを控えることにより危機感を与え、発根が促されます。

新しい環境に慣れて根が伸びてきたら、少ない量から徐々に水やりを再開してください。

植え替え後すぐの肥料は絶対ダメ!

胡蝶蘭はもともと栄養の少ない場所で自生する植物なので、基本的に肥料は必要ありません。

特に植え替え直後の胡蝶蘭には負担となり、与えれば与えるほど株が弱ってしまうため逆効果です。

病気や害虫などのトラブルに注意!


植え替え後すぐの胡蝶蘭は弱りやすく、病気や害虫などのトラブルにも注意が必要です。

以下の表を参考に、よく観察して症状を見つけたら早めに対処してあげてくださいね。

病気トラブル
軟腐病 【症状】植物の傷口に病原菌が入り、葉に斑点が出た後、葉や茎に栄養分が入りにくくなり、植物の根っこや株元が腐って、最終的に葉・花が枯れる。
【対策】高温多湿になると発生するので、風通しを良くして蒸れないようにする。
炭疽病 【症状】葉に黒っぽい斑点が出来たり、葉が枯れる。
【対策】症状が現れた箇所とその周囲1センチ程度を切除して、殺菌剤を塗布する。
葉焼け 【症状】強い直射日光で日焼けして、黒色や色素が抜けたようなに白っぽくなる。 【対策】冬以外は直射日光を避け日陰に移動。ひどい場合はその箇所を取り除く。
※これらの病気は、適度な日光が当たり風通しがよい場所に置くことで、未然に防ぐことができます。

害虫トラブル
ナメクジ 【症状】花や花茎などの柔らかい部分を食べる。
【対策】鉢の近くに銅板を置く。誘引駆除剤を使う。塩をかける。
カイガラムシ 【症状】葉の汁を吸いに来る。
【対策】マメにチェックして、取り除く。野生のタンポポに寄生するので、見つけたら駆除する。
アリ 【症状】葉っぱの露を目当てに、鉢内に巣を作ることがある。
【対策】鉢ごと殺虫剤を溶かした水に浸けて、アリを追い出す。

【準備編】【実践編】の2回に渡り、胡蝶蘭の植え替えについてご紹介しました。

植え替えができれば、弱っている胡蝶蘭を救える可能性は高まります。

あなたの胡蝶蘭の状態を見極めて、適切な方法・タイミングで植え替えしてくださいね。



◆胡蝶蘭の育て方についてもっと知りたい!
【病気】【プロ直伝】8つの症状から探る!胡蝶蘭の病気の原因と対処法
【根腐れ】プロによる特別レッスン!根腐れ胡蝶蘭の治し方&見分け方
【育て方①】季節によって変わる?プロが本気で教える胡蝶蘭の育て方講座!
【植え替え①】《準備編》誰でもできる!プロが教える胡蝶蘭の植え替えのコツ

◆胡蝶蘭についてもっと知りたい!
【選び方】3分でわかる!お祝いに最適な胡蝶蘭の選び方
【化粧欄】センスのいい人は贈ってる!お祝いに大人気の化粧欄の魅力とは?
【立て札】お祝いにもお悔やみにも使える!胡蝶蘭の立て札の万能な書き方
【花言葉】選び方のヒントはコレ!知っておきたい胡蝶蘭の色別の花言葉
【プレゼントに】プレゼントに胡蝶蘭が選ばれる4つの理由と《シーン別》オススメ胡蝶蘭
【処分】お悩み解消!胡蝶蘭の鉢植えを処分するための【3つの方法】

アロンアロンで高品質な胡蝶蘭を!

胡蝶蘭の販売サイト「アロンアロン」は、知的ハンティキャップを持つ方が栽培している胡蝶蘭や観葉植物、アレンジメント等を販売しています。

胡蝶蘭の購入をお考えなら、購入するだけで社会貢献のできるアロンアロンをぜひご検討ください。