2020.7.30

必要な対策はコレ!ベランダなど、夏場の戸外での胡蝶蘭の育て方

カテゴリー:夏場、戸外での育て方、胡蝶蘭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベランダの胡蝶蘭

気温が高く日照時間が長くなる夏は、他の植物と同じく、胡蝶蘭にとっても生長期です。

このため初夏から夏にかけては、戸外で胡蝶蘭を育てる人も多いのではないでしょうか。

今回は贈答用胡蝶蘭のネット通販を手掛ける「アロンアロン」が、夏場、ベランダなどの戸外で胡蝶蘭を育てる際に必要な対策を解説。

また、高温多湿な日本の夏場に戸外で胡蝶蘭を育てることのリスク、株の生長促進のためにできることも一緒に紹介していきます。

あなたの胡蝶蘭を夏場のトラブルから守り、元気に次の春を迎えられるよう、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

目次

日本の夏、胡蝶蘭には暑すぎるかも!

日本の夏 イメージ

熱帯地方原産の胡蝶蘭は、暖かく適度な湿度のある以下のような環境を最も好みます。

胡蝶蘭の原産地に近い環境
気温 18~25度前後
湿度 60~80%

しかし、近年の日本では都市部を中心に日中の最高気温が30度を超える日や、35度以上になる猛暑日が続くことも珍しくありません。

また、胡蝶蘭はもともと高い木々や岩に寄生し、少ない日光・水・栄養で生きられる着生(ちゃくせい)植物であったため、直射日光が苦手です。

日本の夏場、特にコンクリートに囲まれ気温が高くなる都心部の住宅街、1日中日光が降り注ぐベランダなどの戸外は、胡蝶蘭にとって暑すぎる過酷な環境と言えます。

いつ、どこから日本にきたの?知っておきたい【胡蝶蘭の歴史】

夏場の胡蝶蘭、戸外で育てるための3つのカギ


胡蝶蘭にとって過酷な日本の夏。しっかりと生長させ、元気に乗り越えさせるためには適切な遮光、遮熱、水やりがカギとなります。

次項からは、遮光・遮熱をメインとした夏場の戸外での適切な胡蝶蘭の置き場所、そして水と肥料の与え方のポイントを順に見ていきましょう。

季節によって変わる?プロが本気で教える胡蝶蘭の育て方講座!
夏には夏の育て方!胡蝶蘭を長持ちさせるために知っておくべきこと

夏場、戸外での適切な胡蝶蘭の設置方法

ガーデニング用の遮光ネット

まずは夏場、戸外で育てる場合の胡蝶蘭の適切な設置方法を遮光、遮熱、風通しの3つのポイントに分けて紹介していきます。

夏の胡蝶蘭、適切な遮光のポイント


胡蝶蘭の葉は直射日光に弱く、一定の時間以上日光に当たり続けると変色し「葉焼け」と呼ばれる病気になることがあります。

夏場の戸外で胡蝶蘭を元気に育てるには、生長に必要な適量・一定時間は日光を浴びせつつ、過度な直射日光からは守ってやらなければなりません。

具体的には、50~70%の遮光が必要になります。

鉢植えを明るい日陰に設置するか、ホームセンターなどで購入できる「遮光ネット」、または「寒冷紗(かんれいしゃ)」を胡蝶蘭の周囲に設置して、直射日光を遮ってください。

胡蝶蘭の葉に出る異常の原因と適切な対処法は?症状から見る解説書

夏の胡蝶蘭、適切な遮熱のポイント


アスファルトの地面や、コンクリートで作られた集合住宅の壁・床は、夏の日差しを受けて高温を保つ性質があります。

このため気温が30度前後でも、アスファルトやコンクリートの地面近くでは、気温が40度近くまで高くなることも。

そんな熱気のこもる場所に直接鉢植えを置いては、胡蝶蘭はひとたまりもありません。

夏場に戸外で胡蝶蘭を育てるなら、以下いずれかの対策をして遮熱を行ってください。

夏場、戸外の胡蝶蘭にできる遮熱対策
・床や地面に直接鉢を置かず、木製のスノコを敷いて設置する
・ガーデニング用の棚を用意し、地面から離れた高い位置に鉢を置く
・小さい鉢なら、専用の鉢や器具を使って窓枠や木の上から吊るす
・鉢を地面から離したうえで周囲に打ち水をし、周辺の気温を下げる
・霧吹きで葉に水を吹きかけ、鉢全体の温度を下げる


夏の胡蝶蘭、風通し確保のポイント


適度な湿度を好む胡蝶蘭ですが、根は蒸れに弱い性質があります。

このため、胡蝶蘭は風通しが良く、鉢の内部が蒸れにくい場所への設置が推奨されています。

遮光・遮熱と同じく、風通しの確保も夏の戸外で胡蝶蘭を育てるうえでのマスト条件です。

遮熱対策のための棚やスノコの利用、鉢を吊るすことも非常に有効ですが、心配ならサーキュレーターなども使って空気を巡回させると良いでしょう。

必読!胡蝶蘭が枯れた場合に考えられる病気・根腐れと適切な対処法

夏場、戸外での適切な胡蝶蘭の水やり方法

胡蝶蘭への葉水

次に、夏場に戸外で胡蝶蘭を育てるうえでの適切な水やり方法を紹介します。

「植え込み材が乾いたら、たっぷり水をやる」のが基本


一般的に、胡蝶蘭の水やりは7~10日に1回コップ1杯分を与えれば良いとされています。

しかし気温が高くなる夏は、胡蝶蘭の水の消費も早く水分不足を起こしやすくなります。

植え込み材が乾いたことを確認してから、鉢の底から水が溢れてくるくらいにたっぷりと水を与えてください。

タイミングの目安は2~3日に1回、500mlくらいの水が必要と覚えておきましょう。

なお、夏場には気温とともに鉢内の水分の温度も上がり、根腐れを起こしやすくなります。

戸外に設置した夏場の胡蝶蘭の水やりは、まだ気温の低い早朝、またはこれから気温が下がっていく夕方以降にしてくださいね。

梅雨は胡蝶蘭をどう育てるべき?元気に夏を迎えるための管理のコツ

【根腐れや転倒、害虫リスクにはつねに注意を】
戸外で胡蝶蘭を育てることには、室内で育てる場合には稀な害虫被害や風による転倒、長雨や高温多湿による根腐れのリスクがつきまといます。

連日の猛暑で元気がなかったり、台風など転倒のリスクが高い天候時には、一時的に空調管理の行き届いた室内に入れてあげてくださいね。


生長促進のため、肥料をあげてもOK
もっと生長を促進したい、来年の開花のために株に十分な栄養を蓄えたいと考えるなら、2週間に1度くらいのペースで液肥を与えても良いでしょう。

ラン専用の液体肥料を3,000~5,000倍にまで水で薄めてから、与えてくださいね。

胡蝶蘭を育てるなら知っておくべき肥料の与え方と、おすすめ10選



いかがでしたか?
高温多湿な日本の夏場、戸外で胡蝶蘭を育てることには室内にないリスクが伴います。

しかし一方で、適切な対策さえ講じれば、より自然に近い環境で胡蝶蘭を育ててあげられるという利点もあります。

戸外で胡蝶蘭を育てていきたいなら、あなたがしかりとサポートしてあげましょう。

胡蝶蘭を通販で買うなら、アロンアロンで!

「アロンアロン」は、知的ハンディキャップを持つ方が丹精こめて栽培した胡蝶蘭をはじめ、花束観葉植物をネット上で販売しています。

各種お祝い、お悔やみに花束・胡蝶蘭の購入をお考えなら、【全国送料無料&最短当日発送可能】なアロンアロンをぜひご検討ください。

  • 胡蝶蘭(スタンダードタイプ)3本立 赤リップスタンダードタイプ 3本立 赤リップ ¥20,000
  • 胡蝶蘭(ハイグレードタイプ)3本立 ホワイトハイグレードタイプ 3本立 ホワイト ¥30,000
  • 胡蝶蘭(ハイグレードタイプ)5本立 ホワイトハイグレードタイプ 5本立 ホワイト ¥50,000