2019.11.14

もらった胡蝶蘭はいつまで、どこに飾る?適切な飾り方&楽しみ方

カテゴリー:胡蝶蘭、飾り方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お祝いの胡蝶蘭

お祝いの胡蝶蘭は贈り主からの気持ちを伝えるツールであるとともに、贈り先の慶事のお披露目やPRの役目も担っています。

せっかくいただいたからには適切に飾り、効果的に贈り主へのお礼の気持ちを伝えたり、PRに活用したいですよね。

今回は、贈答用の胡蝶蘭を通販サイトで販売する「アロンアロン」が、いただいた胡蝶蘭の適切な飾り方・楽しみ方について解説!

あわせて、胡蝶蘭の鉢植えの処分方法にも言及しているので、参考にしてくださいね。

目次

まずは基本!胡蝶蘭の鉢植えの適切な飾り方

日光を浴びる白い胡蝶蘭

お祝いの贈答品としていただく胡蝶蘭は、贈り主からのお祝いの気持ちであり、その慶事を華やかに彩ってくれるものです。

ここでは、お祝いの胡蝶蘭の鉢植えの適切な飾り方について、理解していきましょう。

いただいてから1週間は、目立つところに飾ろう!


贈答品としての胡蝶蘭には、以下のような意味合いがあります。

《1》見た目の華やかさで、慶事のあった場所を彩る
《2》周囲に対し慶事があったこと、イベントがあったことを知らせる
《3》並べられた花の数が、そのまま贈り主の人脈の広さを物語る


胡蝶蘭を受け取ったら、まず花の保護のために取り付けられた紙を取り外し、訪問した贈り主や来客者から見える位置に飾ってください。

このとき、贈り主との関係や人脈をアピールするための立て札と、華やかさを増すための鉢のラッピングは、つけたままでOKです。

置き場所は、胡蝶蘭が好む環境に近い屋内が無難
胡蝶蘭は極端な暑さと寒さ、そして乾燥と直射日光に弱い植物です。

季節によっては、周囲へのアピールや客寄せのために屋外に設置すると、気温・湿度の関係で一気に傷んでしまう可能性があります。

以下のような場所は避けるとともに、人目につきやすい場所を選び、飾ってくださいね。

《胡蝶蘭の設置に適さない環境条件》
・極端に気温が高く、または低くなってしまう屋外
・直射日光のあたる屋外、または扉や窓の近く
・乾燥したエアコンの風が直撃する場所


オフィスで胡蝶蘭を育てる!知っておくべきお手入れ方法と注意点

1週間以上経ったら、環境重視の場所へ移動を!


部屋の中の胡蝶蘭

胡蝶蘭を受け取ってから1週間ほど経過したら、いただいた方へのお礼やお披露目の意味での設置は、もう十分でしょう。

この後は、ラッピングと立て札を取り外して処分し、できるだけ胡蝶蘭が過ごしやすい場所を探して移動させてあげてください。

胡蝶蘭が快適に過ごせる場所の条件は、以下の通りです。

・年間を通して18~25度程度の気温で、暖かい場所
・直射日光が届かず、レースやブラインド越しの日光のあたる窓際
・エアコンの風は当たらないが、自然風の吹き抜ける風通しの良いところ


このとき鉢表面の植え込み材を触り、カサカサと乾燥しているようであれば、コップ1杯分の水をゆっくりと根元に与え、最初の水やりをしてください。

水やりはその後、だいたい7~10日に1回のペースで行えばOKです。

プロ直伝!胡蝶蘭を元気に育てたい人のための《育て方ガイド》

鉢以外で楽しむ!いただいた胡蝶蘭の飾り方

切り花で楽しむ胡蝶蘭

胡蝶蘭の花は、長ければ1か月以上、きれいな状態のままで咲き続けます。

この間に胡蝶蘭の茎を切って切り花にすれば、鉢植えを設置するよりも少ないスペースで、アレンジメントとしても胡蝶蘭を楽しめるようになるのです。

ここからは、いただいた胡蝶蘭を鉢植えではなく切り花として楽しむ方法について、見ていきましょう。

まずは根元から、花のついている茎をカット!


ホームセンターなどで売っている花切りバサミを用意し、刃先をライターなどであぶって消毒してから、花のついている長い茎を根元から切り落としてください。

花のついている茎をすべて切り落とすと、胡蝶蘭の心臓部である「株」に栄養を蓄えられるようになり、胡蝶蘭自体の持ちがよくなります。

翌年以降に二度咲きをさせたい場合は、このまま鉢を管理して株を育てると良いでしょう。

もう一度花を咲かせたい人必見!胡蝶蘭の花芽のつくり方&育て方

次に「水切り」をして、水の吸い上げ口を広げてあげる!


鉢から切り取った胡蝶蘭の茎の根元を水につけ、斜めにハサミを入れて、水中で茎をカットしてください。

この「水切り」という行為により、活けたときに水を吸い上げる断面の面積が増えて、花の持ちが良くなります。

あとは好みの花瓶に生けたり、花器やバスケットにオアシスを設置し挿すなどして、胡蝶蘭の花を楽しみましょう。

飾った後の胡蝶蘭、処分するには?

胡蝶蘭の鉢植え 処分の様子

お祝いでいただいた胡蝶蘭も、長く飾り傷んでくると、処分するときがやってきますよね。

胡蝶蘭の鉢植えを処分する方法としては、以下3つあります。

《1》販売した業者、または回収業者を呼び費用を払って回収してもらう
《2》専門の買い取り業者を呼び、出張費用を支払って買い取ってもらう
《3》自分達の手で解体し、自治体の分別基準に沿ってごみとして処分する


胡蝶蘭の処分、また解体の手順については以下の記事で詳しく解説していますので、解体方法について知りたい方はあわせてチェックしてください。

お悩み解消!胡蝶蘭の鉢植えを処分するための【3つの方法】


いかがでしたか?
お祝いでいただく胡蝶蘭は、贈り主の心がこもった華やかな贈り物です。

お披露目のために飾るとともに、オフィスや部屋を彩るインテリアや家族の一員としても、できるだけ長く飾って楽しんであげてくださいね。

胡蝶蘭を通販で買うなら、アロンアロンで!

「アロンアロン」は、知的ハンディキャップを持つ方が丹精こめて栽培した胡蝶蘭をはじめ、花束観葉植物をネット上で販売しています。

各種お祝い、お悔やみに花束・胡蝶蘭の購入をお考えなら、【全国送料無料&最短当日発送可能】なアロンアロンをぜひご検討ください。

  • 胡蝶蘭(スタンダードタイプ)3本立 赤リップスタンダードタイプ 3本立 赤リップ ¥20,000
  • 胡蝶蘭(ハイグレードタイプ)3本立 ホワイトハイグレードタイプ 3本立 ホワイト ¥30,000
  • 胡蝶蘭(ハイグレードタイプ)5本立 ホワイトハイグレードタイプ 5本立 ホワイト ¥50,000