太陽と月

太陽と月プロジェクト

かつて日本の障害者雇用の大きな担い手は町工場や商店など中小零細企業でした。町内コミュニティーのなかで自然と障害者雇用は進められておりました。しかしながら中小零細企業を取り巻く経営環境は年々厳しくなり次第に大企業による義務雇用の占める割合が多くなってまいりました。これにより統計上の障害者雇用は大きく伸びましたが、知的障害者と精神障害者の雇用環境は依然として厳しい状況が続いております。また、働く意思を持っていながら雇用されない障害者を対象に厚生労働省が行っている「工賃倍増5か年計画」の平成24年度平均工賃は月額14,190円。成人後支給される障害者年金月額約90,000円を加えても日本国憲法第25条にあるような「健康で文化的な最低限の生活を営む」ことは非常に難しい状況と言わざるを得ません。「太陽と月」の企画趣旨は、政府の障害者対策だけに頼るのではなく、民間での問題意識を高めることにより障害者が手がける商品を広め、更なる障害者雇用の促進と工賃向上を目指すというものです。「太陽と月」は「いつでも全ての人々に寄り添う活動として全国に広げたい」という願いをこめたデザインです。今後はこの「太陽と月」が本活動の趣旨に合う商品を識別するマークとしての活用も進める予定です。

太陽と月のコンセプトバッジ

バッジができるまで

平成26年11月5日~16日に全国の知的障がい者施設から作品を募集したアールブリュット展「太陽と月を描く」を開催いたしました。また、会場では一般来場者による投票が行われコンセプトマークの原画となる作品(グランプリ作品)を決定いたしました。

グランプリ・中津川浩章賞
谷村虎之介
林原賞
村瀬貴彦
美術手帖賞
春日一志
障がい者所得倍増議連賞
佐々木卓也
Get in touch賞
田久保妙
AlonAlon賞
宮本恵介
会場:
東京丸の内 MCフォレスト
主催:
株式会社林原
協力:
一般社団法人Get in touch、NPO法人AlonAlon
協賛:
三菱商事株式会社、株式会社ハイパー
後援:
厚生労働省、障がい者の自立のために所得向上をめざす議員連盟
  • アートディレクターの鈴木克彦さんにより谷村虎之介さんの「太陽と月」をコンセプトマークにして頂きました。
    バッジデザインとなるだけでなく、今後活動の趣旨に合う商品を識別するマークとしての活用する予定です。

  • 平成26年11月17日に首相夫人の安倍昭恵さんのご出席のもと授賞式が開催されました。グランプリ受賞者は谷村虎之介さん。谷村虎之介さんの「太陽と月」は「障がい者の所得向上」の啓発のためのコンセプトマークの原画として採用されることになりました。

≪収益金の用途≫
障がい者所得向上コンセプトバッジ「太陽と月」の収益金全額はアーティストへの還元と障がい者の隠れた芸術的才能を発掘することを目的としたアート展の開催費用に充てられます。

サポーターコメント

  • 女優・一般社団法人Get in touch代表
    東ちづるさん

    社会が変れば誰もが暮らしやすくなります。(ある特性がマイノリティーとカテゴライズされ、生きづらさを感じてしまうのは、社会に障害があるせい。障害社会ですね。)障がいのある人の自立も、社会が変わる要因のひとつ。「太陽と月」は障がいのある皆さんが関わった商品をみんなで楽しもうというプロジェクトです。つながるため、広げるためのコンセプトバッジができました。誰もが排除されない、排除しない、遠慮しないで配慮し合う「まぜこぜの社会」を目指します。「レッツ まぜこぜ!Get in touch!」

  • 内閣総理大臣夫人
    阿倍昭恵さん

    私はいま、障害のある方々と交流する機会が数多くあります。このようなとき、私が障害者を助けるというよりは、障害者に助けていただいていることの方が多いように感じます。生きていると何かと迷うことも多い中で、障害のある方々と一緒にいると、なにも飾る必要はない、そのままの自分でいいのだと言ってもらっているようで本当に心安らいだ気持ちになります。障害のある人もない人も、ともに一緒に生きていくことでこそ、真の平和が実現できるのだと確信しています。
    「太陽と月」は、障害者のアート作品を通じて、その純粋な魂と触れ合うことができる素晴らしい取り組みであると思います。ぜひ多くの方々からのご支援をお願いいたします。

  • 美術家
    中津川浩章さん

    どんな社会にも、どんな時代にも生きづらい人たちがいます。「太陽と月を描く」のコンセプトバッジに使用された絵画は、障がいがある作家のものです。
    この素晴らしい絵画がデザインされ素敵なバッジになりました。理屈や理念はとても大切ですが、感覚を通じて知って理解して広がっていくことはとても大切です。全員がありのままでその人らしく生きることができたらどんないいでしょう。
    障害者の自立のためのこのバッジがシンボルとなって違いがあっても差別のない社会を作っていく助けになることを願っています。

  • 日本を元気にする会 政策調査会長 幹事長代行
    元参院議員
    山田太郎さん

    厚生労働省によれば、障がい者の総数は約744万人と言われます。その中でも障がいを持ちながら頑張って働きたいと雇用を願う方は、全体の半分近く、約332万人いらっしゃいます。しかし、一生懸命働いていても、就労継続支援B型事業所で働く障がい者の賃金(工賃)は、月額14,190円という状況です。この様に障がい者の方々の賃金(工賃)が低い理由の一つには、製品が安く買い叩かれてしまうという現実があります。私は、この賃金(工賃)の問題は、障がい者の方々の問題にとどまるものではないと考えています。なぜなら、偏見などにより製品の品質で評価しない実態やいろいろな立場の方の社会参加が認められない環境が賃金にも影響していると考えるからです。日本人のライフスタイルは、多様化を極め、働き方に対する考え方も様々に変化しています。私は、あらゆる生き方・働き方を求める人々が前向きに働ける雇用制度や暮らしやすい社会を整備することが必要だと強く考えております。そして、そのような環境整備を整えることで障がい者ばかりでなく、女性や高齢者も社会で活躍できる機会が増える、全労働者の職場環境が改善すると考えております。ですから、私も民間での問題意識を高めることにより障がい者が手がける商品を広め、更なる障害者雇用の促進と工賃向上を目指すという趣旨に賛同いたし応援しています。

  • アートディレクター
    鈴木克彦さん

    生き生きと生命力のある色や形の谷村さんの大賞作品が「太陽と月プロジェクト」のコンセプトバッジになりました。小さくなっても絵画の魅力は変わらず輝き続けています。ここには、みんなが共存できるカラフルでピースフルな世界が描かれています。このバッジがひとりでも多くの人々に触れ、障がいのある方々にもっと働きやすい、もっと暮らしやすい環境が生まれるためのきっかけになってくれるとうれしいです。

  • ISFnetグループ代表
    渡邉幸義さん

    当グループは雇用創造を大義に掲げ、一般的に就労が困難とされる方々の雇用創造(25大雇用)に取り組み、現在、グループ全体で約1400名が該当される方と見込んでいます。弱みを見るのでは無く、強みに着目してそれを伸ばす、という発想でこれまでやってきました。同時にそのような方のご家族とのコミュニケーションを大切にし、共に手を取り合い様々な課題を解決してまいりました。雇用創造は企業だけの課題ではなく、社会全体で取り組むことが重要であると考えており、これから先も当グループは、大義の実現のため皆さまと手を取り合い、より一層尽力してまいります。また、同じ想いを持ち活動をされている「太陽と月」プロジェクトにも敬意の気持ちを持ち応援させていただきたいと思います。

  • 株式会社林原 前社長
    長瀬玲二さん

    ㈱林原はさまざまなハンディに負けずに芸術活動を行っている障がい者の方々の才能を一般の方々に知って頂くことを目指し、林原国際芸術祭‘希望の星’の活動を続けてきました。その一環として昨年は障がい者の才能や労働への対価が彼等の所得として還元される健全な社会の実現を目指す活動のシンボルマークのデザインを「太陽と月」をテーマに広く募集し展示しました。その会場で来場者の皆さんの投票をお願いし、得票数の最も多い作品がグランプリとしてバッジデザインに採用されました。このバッジの売上金の一部は作者に還元されることになっています。多くの皆様にこのバッジを身につけていただくことでこの活動への理解が拡がると共に、収益の作者への還元が進むことを祈念しております。

  • 株式会社ハイパー 代表取締役社長
    玉田宏一さん

    ㈱ハイパーでは、26年度より“障がい者支援”という目的で“チャレンジド支援プロジェクト”を社内にて発足させました。重度の障がいを抱えながらも、書道8段という腕前を持つ方の毛筆名刺を導入。また、増加する「うつ病」「ひきこもり」等の未就労者を、1人でも多く社会に復帰させることを目的に企画された『NIPPON IT チャリティ駅伝』に協賛させていただき、当社からは総勢20名の社員ランナーが参加しました。AlonAlonフラワープロジェクトにも参加・他企業様をご紹介するなど、微力ながら活動を継続してきました。“皆様を心(ハート)で繋ぐ企業でありたい”という気持ちを込めた当社のロゴマーク。障がい者の方々がより働きやすく、生活しやすい社会に変わっていくよう、共に支え合っていくことが重要であると私は考えています。『太陽と月』プロジェクトがより多くの人に広まり、障がい者雇用の促進が進むよう、応援させていただきます。

  • 衆議院議員
    初鹿明博さん

    「障害」は障がい者にあるのではなく、私達の心の中や社会の中に「障害」となっているものがあるのではないでしょうか?このような目に見えない「障害」目に見える「障害」を取り除いて、障がいがある無しに関わらず、全ての人が自らの才能を開花させて、自分らしく生きることの出来る社会にして行きたいと思いませんか。私は衆議院選挙に落選中の一昨年秋に、放課後等デイサービス、相談支援、居宅介護の3事業を運営する法人を自ら立ち上げました。毎日、放課後デイに通う障がいのある子ども達と関わって、彼らの日々成長し、それぞれが特別な才能を持っていることを実感し、その得意なことを伸ばしていきたいと今まで以上に強く感じるようになりました。太陽と月」プロジェクトは、障がい者が手がける商品を世に広め、更なる障がい者雇用の促進と工賃向上を目指すもので、全国の障がい者を勇気づけると共に障がい者と関わることのなかった方々に障がいに対する理解を深めるきっかけとなる素晴らしい取り組みです。私も障がいのある子ども達と日々関わっている者として、また、国政に携わる一人として、このプロジェクトの趣旨に賛同し出来る限りの応援をしていきたいと考えています。

  • 民進党 国会対策副委員長
    衆議院議員
    玉木雄一郎さん

    「いつでも全ての人々に寄り添う活動として全国に広げたい」という願いをこめた「太陽と月」のデザイン、素敵です。共生社会の実現に向け、教育の現場では、障がい者も共に学ぶインクルーシブ教育の取組みが始まっています。一方、大人たちはどうでしょうか。障がい者の問題を「自分事」として捉えてもらうためには、働く現場こそ、意識改革が必要です。政府の政策だけに頼らず、民間の問題意識を高めていく「太陽と月」プロジェクトを、私は応援しています。

  • 株式会社石毛企画(元西武ライオンズ)
    石毛宏典さん

    私は、野球を通して子供達に健全な心と身体を鍛えることの重要性を教えてきました。技術だけでなく人間としても成長するように指導しており、礼儀・礼節を大切に相手のことを思いやる心を育てています。そしてその環境を作ってくれたご家族や監督・コーチやスタッフの皆さんに感謝することを教えてきました。今回NIPPON ITチャリティー駅伝をサポートさせて頂いているご縁で「太陽と月プロジェクト」を知りました。障害を持っている方々やご家族及び関係者の皆様の情熱に感動し、たくさんの方にご覧頂くためにご支援頂ければ嬉しいです。
    このようなご縁を頂き心から感謝し、一生懸命応援させて頂きます。

  • 社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 理事長
    長谷川正人さん

    鞍手ゆたか福祉会は、今年24年目を迎えます。福岡、東京、長崎で約30ヶ所の障害者福祉サービス事業所を運営しており利用者数は1300名です。そのうち180名の方が、クッキーやパンの製造、箸置きやしおりなどの工芸品製作、箱折作業などを行っています。工賃は、月に数千円から多い人で2万円。自立生活の実現にはほど遠い現状があります。質の高い商品を一生懸命に作っても、なかなか販路が確保できないのが悩みです。そこで、「太陽と月」プロジェクトにひとりでも多くの方々にご賛同いただき、全国の障がいを持った人たちが作成した素敵な作品を知っていただき、手にとって使っていただけたらと思います。
    私たちも、このプロジェクトの趣旨に賛同し、誰もが互いに支え合う共生社会が実現することを願って、法人一丸となって応援していく決意です。

  • NIPPON ITチャリティ駅伝大会実行委員長
    チャックウイルソンさん

    Nippon ITチャリティ駅伝は2010年からメンタルダウンした方々の社会復帰を支援するために開催しました。第2回大会からは東北復興支援も加えた大会となり、昨年は8.000人以上の方が来場する一大イベントとなり感謝しております。
    今年は昨年同様お台場潮風公園にて11月15日(日)に開催いたしますのでご参加いただければ幸いです。「太陽と月プロジェクト」のことはNIPPON ITチャリティ駅伝のご縁で知り、障害者雇用促進ための晴らしい取り組みに心から賛同し応援致します。一人でも多くの方にご支援いただけますようよろしくお願い致します。